CAAD10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンディングペダルでサイクリング!

前回ビンディングシューズを買って、走りに行った事を書きましたが、今日は走りに行った内容を書こうかと思います。
以前からビンディングにしたら坂が楽になると、耳学問では知っていたので京都の自転車乗りには有名な「六丁峠」にアタックしてみる事に・・・
まずは、いつもの桂川サイクリングロードを通って嵐山を経由し「あだしの念仏寺」前を通過し、「六丁峠」の入口に到着!

平野屋
「六丁峠」入口すぐ横にある鮎で有名な「平野屋」さん。
まだこの時は余裕ぶっこいて写真など撮る余裕があります(笑)

六丁峠
「六丁峠」スタート地点、うっそうと茂る木々にちょっとビビりぎみ

峠を目指してスタート!
のんびりとマイペースで進むも、徐々に斜度が強くなってきて、早くもギアはインナーローでシッティングにて進む。いくつかのヘアピンカーブを通過し益々斜度はキツくなる一方。ダンシング織り交ぜなんとかヨロヨロと走っていたら、あるコーナーを抜けた瞬間、頭上に視界が開け峠が見えた!
しかし、その場所から峠まであと100mくらいだろうか、インナーローで目一杯のところで更に斜度がアップ!この斜度を見た時に心が折れそうになったんですが、ここでビンディングをリリースする自信が無いこと、ここで足付きしたらゼロ発進は不可能なこと、それ以上に自分がどこまで頑張れるのかを試してみたくて、
ウリャ~
と今まで生きて来た中でベスト20位に入る位の頑張りを出して(←大げさか(笑))、肩で息をしならがらもなんとか激坂をクリア!
距離的にはあっけない程短いんですが、自分的にはハードルは高かった・・
自分の貧脚っぷりをあらためて認識し、伊吹山ヒルクライムにエントリーなぞ10年早いと思い知らされました

なんとか峠に到達出来て、当初の目的は達成できたのですが峠に着いて考えた・・
来た道を折り返すか峠の反対側に進むか・・

峠を登りきってテンションがアゲアゲの状態だったので、
ええぃ!ままよ~!
と勢いに任せて先に進む事に・・・ 登った分当然下りもある訳ですが、これもまた激しく下っておりもう後戻りも出来ない状態に(苦笑)
ひたすら前進あるのみと走るものの「神明峠」に突入!「六丁峠」で足は売り切れ状態だったのですが、「神明峠」もどこまで登るねん!と言う程だらだらと登りが続き、ある意味「六丁峠」よりキツかった。

caad10
caad10_1
「神明峠」とCAAD10号

峠を登り切ったら後は下り基調。越畑から八木に抜けて亀岡を経由し帰路につきました。
まだまだ自分の修行の足らなさを痛感させられた1日だった・・
またこれで課題が見えて来たのでそれはそれで良かったのかな?と思えるサイクリングでした。

冷静に考えると、凄く前向きな自分がそこにいる事に驚きを感じます。自転車に出会えて本当に良かった♪



関連記事

コメント

Secret

No title

ビンディングデビューだったんですね
おめでとうございます!
油断禁物ですよ

私は上りの途中でフロントをアウターから
インナーに変速した瞬間チェーンが落ちて
空回り状態のままになり
そのままスローモーションのように
立ちごけしたことがありま~す

気をつけてくださいね~!

Re: No title

satoru さん こんにちは。

satoru さんも立ちゴケ経験ありなんですね~(^▽^;)
確かにチェーン落ちして、推進力が無くなるなんてちょっと想定外でしたね・・・
そら、コケても仕方が無いと思いました。

そういう事も有るんだと、1つ勉強になりました。
本当に油断禁物ですね(笑)

pictlayer

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
CALENDAR
アクセスカウンター
プロフィール

toro@kyoto

Author:toro@kyoto
ようこそ、おこしやす。
このブログは、初心者ロードバイク乗りの日常を徒然なるままに綴った日記です。
お気軽にコメント下さい (^_^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

天気予報
リンクリスト
コントロールパネル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。